結婚式披露宴会場のバンケット業務のアルバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式披露宴会場のバンケット業務のアルバイトってどんな仕事?

女子大に通っていた18~22歳の4年間、ホテルの結婚式披露宴会場でバンケット(配膳)業務のアルバイトをしていました。

職場はホテルの社員さんと配膳派遣会社のスーパーバイザーが全体の指揮を執る中、アルバイトの私達は、披露宴会場のセッティングや片付け、お客様に食事や飲み物を各テーブルにサービスするのが主な仕事でした。

毎日仕事があるの?

披露宴がない日は、当然仕事がありません。メインで働く日は、土日・祝日でした。

シフト制で働ける日に予めマルをつけておくと、スーパーバイザーから仕事の依頼が電話で来くるという形がとられていましたが、一回の勤務は、殆どの場合、朝10時頃から夜21時頃までで、途中、一時間のお昼休憩を交替で取っていました。

いくら稼げるの?

時給は、1300円からスタートし、最高で1600円ほどまで上がりました。交通費は、通学定期があることを伝えたにも関わらず、全額支給されたのがとてもありがたかったです。

その交通費も含めると月収にして13~15万円ぐらいは稼いでいました。アルバイトは、学生は男女の比率が半々ぐらいでした。他には40~60代のパート主婦も働いていました。

職場の人間関係は?

人間関係は比較的良好でしたが、お昼休憩以外の時間帯は、一日中立ちっぱなしの仕事なので脚が痛くなり大変でした。サービスで用いる器も大人数のお料理を盛った銀食器だったりするため、かなりの重量があり、それなりに重労働であると思います。

それでも新郎新婦の幸せそうな笑顔と、それを祝う周囲の人々の心の温かさを肌で感じられるこの仕事は、とてもやりがいがあってよい仕事でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。