ホールのアルバイトは人間観察に最適

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カフェダイニングでホールアルバイトした経緯

平成26年の夏に3ヶ月間だけ神戸のカフェダイニングでホールアルバイトを経験しました。当時、正社員として勤めていた会社を退職したばかりで暇があり、知り合いのツテでアルバイトをすることに。

カフェダイニングのホールアルバイトの仲間はどういった人たち?

私は勤務当時27歳(女)で、他のスタッフは大学生が多く、最年長の人でも30歳と若いメンバーで働いていました。男女比は同じくらいだったと思います。

シフトは毎週水曜に翌週分の希望を提出するかたちで、毎週勤務日数に増減がありましたが、月に12日程勤務していました。

どれくらいもらえるの?シフトはどんな感じ?

時間帯は17時から24時がメイン。時給は880円でした。個人経営のお店だったので、暇な日は早めに閉店したり、逆になかなかお客さんが引かない日は遅くなったりしていました。

雑誌に掲載されたこともある女子向けのお店だったので、毎日女子会やコンパで利用するお客さんが多くいました。

カフェダイニングのホールアルバイトの醍醐味

内装や料理の盛りつけも女性に好まれる可愛らしい雰囲気のものだったので、驚かれたり、喜んでもらえることにやりがいを感じていました。

リーズナブルでコストパフォーマンスが高く、帰り際にお客さんに褒めてもらえることも多かったです。逆にきついと感じたことは、飲み放題メニューがあり、飲み過ぎる方がいたこと。

学生時代に居酒屋などでもアルバイトをしたことがありますが、男性客と比べて女性客の酔っぱらいは面倒な酔い方をする人が多いような気がします。

急に泣きはじめたり、熟睡してしまったり、うずくまって動かなくなったり。個人的な見解ですが、ストレスが溜まっている女性が多いのかなと感じました。社会人になってから改めてホールアルバイトをすると、会社で働くのとは違った人間観察ができて面白かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。