女性でもホームセンターでアルバイトできた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性の私でも十分アルバイトできる職場

私は18歳から21歳にかけて、ホームセンターでアルバイトをしていました。ホームセンターといえば男性の職場というイメージがあるかもしれませんが、女性の私でも十分働ける職場でした。

私が担当していたのはインテリアコーナーでした。インテリアコーナーという売り場は、カーテン、カーペット、ブラインド、クッション、布団といった生活用品を扱う売り場です。

ホームセンターのアルバイトをしていた頻度は、大学1回生の18歳の時は週に2~3回といったところでしたが、大学の卒業が近くなる4回生のころには、週に5日はアルバイトに行っていました。

社員ぐらい働いていたので最高月収15万円

この頃は、ほぼ社員さんのような状態になっていました。当時の自給が750円程度だったと思いますので、平均して10万円前後の収入だったと思います。最高で15万円くらいは稼いだと思います。

インテリアコーナーのアルバイトで良かった事は当たり前のことですが、インテリアに詳しくなったことと興味を持つようになったことです。結婚して新居を建てる際に、家具やカーテン等色々なインテリア商品を購入する必要が出てきましたが、その時もアルバイトをしていた当時培った知識がとても活きました。

働くにつれて商品知識も高まりました

オーダーカーテンの採寸時の注意点、カーテンレールを選ぶ際の注意点やどういったカーテンレールが良いのかといったことが、アルバイトをしていた当時売り場の人に教えてもらっていたので、自分が購入する際とても役に立ちました。

このアルバイトできつかった事は、カーペットやカーテンレールを運ぶときが重くて体がきつかったことです。女性で荷物を運ぶのは大変ですが、それ以上にやりがいがあるアルバイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。